マイクタイソン50勝6敗(44KO)

ボクシングファンでなくても、誰もが知る、世界一有名なボクサーといえばこの人『マイク・タイソン』でしょう。

あらゆるボクサーをKOでしとめ、多くの観客を魅了した、規格外のパンチ力とスピードを持つマイクタイソンのボクシングを動画とともに、振り返ってみます。


卓越したパンチ力とスピード

マイク・タイソンといえば、
ヘビー級の中では小柄ですが、
自分よりも身長もリーチも長い相手からKO勝利を量産しています。

これを可能にしているのは、
マイクタイソンの人間離れしたパンチ力と、相手の懐に入りこむスピードです。

右ボディフック→右アッパーのコンビネーションは、
何回見ても痺れますね。

さらに、リーチ差があるにもかかわらず、
パンチをもらわずに相手の距離を詰める事を可能にする、
ウィービングダッキングなどのディフェンス技術も、
マイクタイソンを語る上で欠かせません。

マイク・タイソンは、名トレーナーのカス・ダマトの死をきっかけに、
リング上ではホリフィールド戦での“耳噛み事件”、
リング外では婦女暴行による収監など、
様々な問題を起こすようになります。

マイク・タイソンの人間性に関しては、
多くの批判的な意見が見受けられますが、
ボクシングでの功績、記録などは、
今後ずっと語り継がれるでしょう。