エドウィン・バレロ27戦27勝27KO。
KO率100%。


ノックアウト・ダイナマイトという異名を持っていた選手『エドウィン・バレロ』という選手を紹介します。

KO率100%

アマチュアからプロデビューを果たし、
12戦連続初回KO勝利をするも、脳に異常が見られ、ライセンス停止。

ライセンス停止はアメリカのコミッションだったため、
日本のプロモーターが目をつけて日本を拠点に試合をすることに。

ただ、あまりにも強すぎて相手が見つからなかったので、
「初回にKOされなかったら賞金100万円」
という企画をやっていました。

実は小さい頃、
実際にテレビで見てずっと気になっていた選手でした^^

かつて、マニー・パッキャオとの試合する可能性があったのですが、
もし実現していたらどうなっていたのでしょうか?

間違いなく記憶に残る試合となったでしょうね。

生涯の戦績は、27戦27勝27KO、
KO率100%です。

この記録を超える選手が現れるのは想像できません。

ずっと語り継がれる記録でしょう。

 

バレロの最後

バレロは2010年、精神的な異常なども見られ、
妻をナイフで刺殺して逮捕され、
翌日留置場で自殺をしました。

没年28歳です。

若くして亡くなってしまったのが非常に悔やまれます。